夏の髪のダメージ

ヤスダです。

今日は久々、髪の毛についてお話します。

今年の夏は暑い!とても暑い日が続きましたね。

髪の毛は、この暑い日ざし、紫外線から頭皮を守ってくれたのです。
もし、髪の毛がなかったら、熱射病や熱中症になっていたかもしれませんね。

そして、海やプールに入り、髪は、油分と水分を失いパサパサになります。
毛先から、砂漠が広がるように、根元までダメージが進行していきます。

秋になり、日差しも柔らかくなってくると、今までがんばった髪の毛は
役目を終えたかのように、だんだん抜けてきます。

そう、秋は抜け毛が特に実感できる季節なのです。
もちろん、抜けた後は、また生えてきてサイクルをくりかえすのですが

しっかりしたケアと頭皮をしっかりいたわらないと、抜けやすい髪の毛を作って
しまい、土壌も弱くなってしまいます。

まずは、ダメージを受けた髪の毛にトリートメントでしっかり栄養補給し、補修が必要です。


頭皮に優しいシャンプーで毎日洗い、頭皮をマッサージするように洗います。
 しっかりすすいで、トリートメント。
その後、また充分すすいで、タオルドライ。
オフロ上がりには、ヘアトニックや養毛剤を
全体にいきわたらせ、畑を耕すように、地肌をもみほぐします。下から上へ揉み上げて
ください。
土壌のしっかりほぐされた地肌は、抜けにくい状態になり、抜けにくい痛みにくい
髪の毛をつくってくれます。

この地道な働きを毎日、続けていくと、春には、生き生きした芽(毛)がでて
スタイリングしやすい生い茂った頭髪になるでしょう。

もちろん、規則正しく、生活し、バランスの良い食生活をすることも大切です。

ぜひ、やってみてください。


リンスorトリートメント

Y店です。
今日はリンスとトリートメントについてひとこと。
皆さんはどっち使ってますか?

リンスの役目は、シャンプー時に生じた摩擦を取るのとシャンプーして失ったもの(油分等)を補う役目があります。洗濯でいうと柔軟剤のような役目もあります。表面に膜を張るような感じです。基本的にシャンプーの成分と対の成分が入ってる場合が多いので、シャンプー剤と同じ銘柄のものがベストです。
リンス無しだと髪の摩擦が生じ痛みが早くなり乾燥も早まります。スタイリングがしにくくなります。

トリートメントの役目は、リンス成分プラス髪の内部から流出する間充物質を補給する役目があります。タンパク質、水分、油分を補います。
カラーやパーマでダメージを受けた髪、痛んで乾燥がはやくなるのを防ぎ、キューティクルを外的要因(紫外線、熱、ブラッシング等)から守ります。

カラーかパーマされている方は「トリートメント」を使うべきです。

リンスインシャンプーはどお?

男性の方はけっこう使う方多いですが
シャンプーとリンスは合い反する効果がありますので、混合していると役目が半減しちゃいます。結果、地肌までよく洗われず、なおかつすすぎが不十分になる場合が多いので、頭皮にもよくなく乾燥もはやまります。
ホテルなどいくとリンスインシャンプー等使われていますが、それは1泊とか単発だからいいかもしれませんが、日常使う場合は、シャンプー、リンスそれぞれ分かれたものを使って欲しいです。

コンディショナーは?

メーカーによってはリンスをこう呼ぶものもあるし
トリートメントを呼ぶものもあります。
中間のものもあります。




シャンプー選び〜その2〜

Y店です。

昨日に続いてシャンプーのお話です。

「シャンプーは毎日しなくてもいいの?」の質問ですが

お答えしますと、いろいろ説があり、しないほうがいいということを言われる方もいらっしゃいますが

皮脂や汚れは日々蓄積してきます。スタイリング剤も使いますよね。
洗わない方が髪がまとまるという人もいますが
やはり毎日キレイにリセットしたほうがいいと思います。
頭皮の毛穴に皮脂がたまるとなかなかとれにくくなり、結果、毛が細くなったり、抜けやすくなったりします。そうなるとスタイリングも思うとおりにいかなくなります。

健康で扱いやすい髪は頭皮を健康に保つことが大切です。
頭皮の老化を防ぐようにマッサージするように洗うこと。

でも毎日するのはパサパサなっていくことも予想されますので
やはり髪に優しい弱酸性のタイプがいいでしょう。

変に安価なシャンプーや香り重視のシャンプーだとすすぎが不十分になり逆効果になってしまうこともあるのです。
少量でよく泡立つシャンプーで毎日洗い、しっかりすすぐこと。これがポイントです。

次回は「リンスorトリートメント」です。



シャンプー選び〜その1〜

 Y店です。

皆さんに正しいシャンプーの認識をプロとして
伝えて行きたいと思います。

シャンプー選び〜その1〜

\い上がりがさっぱりする

△△鑪ちが良い

弱酸性である
まずはこのポイントを抑えて欲しいですね!

やはりシャンプーの役目とは、
髪に一日で付着したホコリや整髪剤を洗い落とすことと、頭皮から出た皮脂とそこに付着した
汚れをキレイサッパリに取り除く為におこなうのです

髪の匂いを香料でわからなくする為ではないのです。

従って、あわ立ちの良いシャンプー剤で汚れを包み込むように浮き上がらせしっかりすすぐことが大切なのです。

そして、洗うという行為は「髪を傷める行為」なので、髪のPH(弱酸性)に近い弱酸性のシャンプー剤で洗うことが痛みを最小限に抑える秘訣なのです。(海水はアルカリ性、水は中性ですのでミズ洗いだけでも、パサパサになってきます)

まずはこの3つのポイントを抑えてくださいね。

続きは次回にします。






美容室のトリビア

Y店です。
そろそろ本業のヘアケアについて書きたいと思います。

といってもいったい何から話したらいいのか?

この辺は質問があれば色々と回答できるのだけどね。

今日は雑学にしましょうか?
「トリビア!」

「なぜ美容室や理容室は月曜日お休みが多いのでしょう?」
わかりますか?

昔、本でみたことがあるのだけど

以前は、一般社会は日曜日お休みの方がほとんどで、当然休日の日曜日に髪切りに行く人が
多かったそうです。

なもんだから、日曜は、お店はとてもお客様が多く、当然タオルやパーマの道具もフル稼働
です。現在みたいに、洗濯機、乾燥機もなくタオル干して間に合わないしパーマ用のペーパーの当時は洗って一枚一枚、広げないといけないから、設備も不十分だったらしいです。

だから月曜日はそういうものを整備する為に、来客面では暇になる月曜日だったようです。

現在は、乾燥機も洗濯機もあるし、パーマペーパーも使い捨てになってるし恵まれたものですが(感謝!感謝!)ほとんどが月曜日にメーカーさんやディーラーさんが
勉強会や講習を企画しますので、お休みにしてる場合が多いと思います。

へえーーーーー!何へエーだったかな?



calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ヘアカタログ
カウンター
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座